あおぞら歯科クリニック あおぞら歯科クリニック

トップページ > 診療案内 > 歯科

歯科

虫歯治療

虫歯の大きさや歯の状態によって治療方法が変わってきます。
虫歯が小さいほど、治療期間の短縮と歯の長持ちが期待できます。

樹脂の詰め物

樹脂で削った部分を詰める

虫歯が小さく、神経の近くまで達していない場合には、削った部分に白い樹脂を詰めて治療ができます。

金属の詰め物

金属の詰め物

虫歯の深さによっては樹脂を使った治療ができない場合もあります。
そういった場合には金属の詰め物を入れて治療を行います。
神経のかなり近くまで虫歯が進行しているときには、神経を保護するセメントを使うこともありますが、それでも神経を取る処置が必要になる場合もあります。

神経を取る治療

神経を取る処置 歯の根っこを残して被せる

虫歯が神経に達してしまった歯は、残念ながら神経を取らなければいけません。
歯の根っこから死んでしまった神経を除去して、中をきれいに掃除して薬を入れ、その上から金属の土台とかぶせ物を入れて再び噛めるようにします。
しかし、虫歯が神経に到達してかなり時間がたっていると、治療しても根っこが保存できず、歯を抜くしかない場合もあります。

入れ歯やブリッジ

部分入れ歯 ブリッジ

歯を抜いた部分には、取り外し可能な部分入れ歯や両隣の歯を削って橋渡しのかぶせ物にするブリッジを入れます。
患者様のご希望と歯の状態を鑑みて、最適と思われる治療方法をご提案いたします。

神経を取らなければならない場合に、神経を取らずに済む可能性のある治療法があります。

ドックスベストセメント療法

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントは、従来の「虫歯は削って治す」という常識とは全く違う、鉄イオンと銅イオンの殺菌力を使って「ミネラルで殺菌して治す」という新しい発想の治療法です。
神経の近くの虫歯を取り切らずにあえて残して、その上からセメントを詰めて使用します。

セメントを使うことによるメリット
 薬剤にアレルギーがあっても大丈夫です

ドックスベストセメントは、抗生物質と違い、天然ミネラルでできているので薬剤に対してアレルギーがある方にも安心して使うことができます。

 再治療のリスクを減らせます

セメントの殺菌効果は半永久的に続くので、密封できれば再治療のリスクを大きく減らすことができます。

 治療中の痛みの軽減が期待できます

歯を削る量が少なくて済むため、治療時の痛みの軽減が期待できます。

セメントを使う上でのデメリット
 保険は使えません

日本ではまだ保険治療として認可されていないので、保険外治療(全額自己負担)となります。
また、ドックスベストセメント治療後に、その歯にいれる詰め物やかぶせ物も全額自己負担となるため、治療にかかる最終的な費用が高額になる可能性があります。

 どんな虫歯にも使えるというわけではありません

虫歯の状態や部位などによって、ドックスベストセメントが使用できない場合があります。

 見た目が気になる部位にはお勧めしません

神経の近くの虫歯を残して治療するので、変色した虫歯が透けて見える場合があります。
ですので、前歯など見た目が気になる部位にはお勧めできません。

ご注意いただきたいこと

ドックスベストセメントを使ったからといって、虫歯にならない歯になるわけではありません。
期待される患者様が多いのですが、すべての虫歯を治療できるわけではありません。
ドックスベストセメントを使っても、残念ながら神経を取る処置に至ることもあります。また、全く歯を削らない治療でもありませんので、誤解されないようお願い致します。
虫歯リスクのコントロールには、患者様ご自身の食生活や毎日の歯磨き、定期検診が一番大切です。

歯周病(歯槽膿漏)

歯周病治療に大切なのは、予防することとメンテナンスです。

クエスチョンマーク

歯周病って何ですか?

歯周病は細菌による炎症性疾患です。

スピロヘータ

磨き残しに細菌が集まり、ネバネバした塊(歯垢)を形成します。細菌の塊である歯垢が、除去されずそのままになっていると、やがて歯石となり歯ブラシでは除去できないほど硬くなってしまいます。
歯垢や歯石となった細菌が毒素を排出することで、歯肉が腫れたり、悪化すると歯を支える骨が溶けて歯がグラグラしたりするようになります。

クエスチョンマーク

歯周病になるとどうなるの?

歯磨きで出血したりぐらぐらしたりします

歯周病イメージ 歯周病が進行

歯と歯肉の境目の清掃が不十分で汚れていると、そこに多くの細菌が集まり歯肉の周辺が炎症を起こしたり、腫れたりします。
さらに進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、ついには歯を抜かなければならなくなってしまいます。

クエスチョンマーク

歯周病の治療方法は?

歯垢・歯石を除去していきます

スケーリング ブラッシング指導

まずは超音波スケーラーという機械を使って、歯肉の奥まで入り込んでいる歯石を取り除きます。さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去します。
歯石を完全に除去したら、患者様ご自身でしっかり歯垢を落とせるように、ブラッシング指導をさせていただきます。
歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。